特集

野田琺瑯

(のだほうろう)
伝統ある暮らしの道具「野田琺瑯」
野田琺瑯について

70年間以上、琺瑯づくり一筋に
歩み続けてきた伝統ある野田琺瑯。
道具は人の手助けになり、心がやすらぐ、
安心して使えるものでなければならないという考えのもと、
様々な道具がつくり続けられています。

野田琺瑯の歩み

野田琺瑯は昭和9年、東京に設立。昭和16年に勃発した太平洋戦争の企業整備令に基づき、一旦工場は閉鎖されましたが、昭和22年に再開。再開当時は病院で使う洗面器等の衛生用品、理化学用品を中心に生産していました。
その後、琺瑯は清潔で耐久性に優れているところから、キッチン用品としても生産するようになりました。それにより多くの料理研究家などに認められ、「日本の琺瑯といえば野田琺瑯」という信用を確立し、現在に至ります。

野田琺瑯の想い

70年以上の伝統ある野田琺瑯は、エジプト時代に発祥したと言われている琺瑯の長い歴史に培われ、進化してきた琺瑯の火を消してはならないという思いのもと、創業以来、琺瑯づくり一筋に取り組んでいます。
また、人々が健全な生活を送るためには、人間の根源である「食生活」を見直すことが大切という考えのもと、数々の食生活を育む道具たちが生みだされています。

熟練した野田琺瑯の職人たち

小ロット、多品種で作業を行う野田琺瑯の製品は、長年の経験でつちかわれた職人さんたちの手仕事により、ひとつひとつ丁寧に作り出されています。また、野田琺瑯の製品は難しい作業を要するため、一流の職人しかつくることが出来ません。

野田琺瑯のつくる月兎印

月兎印は、大正15年に株式会社フジイが藤井商店であった時代に作られたブランドです。月兎印は琺瑯製品のブランドとして認知され、今日に至ります。昔ながらの製法で、野田琺瑯の職人さんの手仕事により、ひとつひとつ丁寧に仕上げられています。

琺瑯とは?
  • 琺瑯とは、鉄やアルミなどの金属に、ガラス質の釉薬を高温で焼き付けたもの。
  • 表面がガラス質のため、殺菌の繁殖を防ぎ、化学変化を起こさないので食材の味や風味を変化させず、また衛生的。
  • においの強い食材を入れても、においが移りにくい。
  • 酸や塩分に強いので、漬物、梅干し、ジャムなどの保存にも最適。
  • 中が鉄のため、熱伝導率が良く、保温性、冷却性にも優れている。
  • 熱に強く、直火、オーブンでの使用が可能。 ※電子レンジは不可
  • 耐久性にも優れているので、長く愛用できる。
  • 環境ホルモンを出すことがなく、人にも地球環境にもやさしい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野田琺瑯の商品一覧

月兎印シリーズ

全国一律 500円 10,000円以上で送料無料!
最近見た商品
このページの上へ